中国・深センで新しい生活を始めました


by michi-jenny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
e0104998_16205213.jpg


除夕の今日は朝からバタバタ!
大掃除はやり始めると色んなところが気になってきてキリがない。
というか、これまでどれだけサボっていたのかって事なんですが。。。
しかし一度は投げ出しそうになったものの、なんとか普段の3倍程のスピードでひととおりやり終えました。部屋もベランダも水槽も、すっきりキレイ!!

e0104998_17243063.jpg
さてお次は年越しのごはん。
「今年はもう自作餃子はいいよね」
なんて思っていたのに、部屋が整ってみるとやっぱり餃子を作らずには年が迎えられない気がしてきて、慌てて買物に出かけました。が、欲しかった韮や蓮根は既に売り切れ。仕方なく白菜と西洋菜、葱、生姜、豚肉を買い込み、早速餃子作り開始。夫に皮こねをお願いすると快く承諾してくれ、皮は彼に任せて私は餡作りに専念。


e0104998_17254747.jpg
そして二人並んで餃子を包みました。思えば二人で何かを一緒に作るのは初めてで、なんか照れちゃったけど、家族の幸せを願って食べる餃子を一緒に作れて本当に嬉しかったです。
夫は初めての餃子作りでしたが、渾身の皮こねのおかげでもっちもち餃子が出来上がりました!かなりビッグな餃子になっちゃいましたが。。。ご愛嬌(笑)



さて、お腹いっぱいになったところで外がだんだん騒がしくなってきました。
これから花火&爆竹による「光の饗宴」、眠れない夜が始まります。
今日も寒いから、あったか~くして街に繰り出そう!
[PR]
# by michi-jenny | 2008-02-06 23:18 | 中国的節日

春節準備

e0104998_226432.jpg


明日から学校もしばらく休み。
大掃除に正月用品の買物、何か忘れたものはないかな・・・
おっと、紅包の準備を忘れていた!

夫と違って私が紅包を渡すのはマンションのガードマンぐらい。
しかし、暑い日も寒い日もいつも笑顔で頑張ってくれている彼等、
春節も帰省せず、時には私の中国語の先生になってくれる彼等に
是非とも紅包を渡したい!
家の中をごそごそと探し回ると、夫が去年準備した紅包の余りを発見!
おかげで新しいお札の紅包を用意することができました。

e0104998_22111772.jpg
    その後は部屋の飾りつけ。
    今年は玄関には春聯を張らず、
    小さめの飾りだけにしました。
    それから寝室とリビングにも
    ひも細工の赤い飾り。

e0104998_2212437.jpg


今日は授業を終えた後、来月引っ越してしまう友達とお茶をしました。
彼女は私が今通っている学校を紹介してくれた恩人で、
その後なかなかゆっくり話をする機会もなく現在に至ってしまっていました。
引越の前にこうしてじっくり話すことが出来て本当に良かった。
彼女の新しい生活が充実した素晴らしいものとなりますように。
     ”祝你一路平安!!!”
[PR]
# by michi-jenny | 2008-02-05 22:15 | 中国的節日
e0104998_170306.jpg

花市といえば、華南地区では年末の恒例行事!
中国では春節の前に縁起の良い花や植木を買って飾る風習があり、
花市が開かれるようになったのは清の時代から、なんと200年もの歴史があるそうです。

広州の花市ほど大きくはないのですが
深センでも市内の数箇所で大規模な花市が開催されています。
大きな道路を封鎖して会場を作るので、交通規制がかかり、
バスもルート変更されるのでたまに焦りますが(笑)
やっぱり楽しみな行事のひとつです。
e0104998_183171.jpg

今年は異常な寒さが続いて花たちもちょっと寒そうですが、
もともと暖かな華南、可愛い金柑の木や、蘭、アザレア、水仙などが
元気に花市を彩っていました。
               e0104998_1842229.jpge0104998_184417.jpg









e0104998_1851421.jpge0104998_1865341.jpg
[PR]
# by michi-jenny | 2008-02-03 23:33 | 中国的節日
さて、いよいよ春節まで一週間足らずとなりました。
そろそろお正月準備を始めなくっちゃ!

e0104998_2174427.jpg

学校帰りに近所の年貨市場に寄ってみると
私の欲しかったオーソドックスな正月飾りが沢山並べられていました。
もちろんデパートやスーパーでも買えるのですが、
2008年は鼠年、ミッキー&ミニーなど可愛すぎるものが多くて
ちょっと閉口していました。

e0104998_26459.jpg

私が写真を撮っているとお店のおじさんが嬉しそうに眺めています。
そして撮り終わったのを見届けると「見せて!」とカメラを覗きに来てくれました。
今年こそ金魚の飾り、買っちゃおうかな・・・。

e0104998_211419.jpg

[PR]
# by michi-jenny | 2008-02-01 22:52 | 中国的節日

e0104998_247318.jpg
   
加油中国 ( Jia1 you2 Zhong1 guo2) がんばれ 中国!

距2008年 ( ju4 er4 ling2 ling2 ba1 nian2) 2008年

激情无限爆发 ( ji1 qing2 wu1 xian4 bao4 fa1) ほとばしる想いが果てしなく噴出す日まで

还有192天 (hai2 you3 yi1 bai3 jiu3 shi er2 tian1) あと192日!


 北京オリンピックまであと192日となりました。
 がんばれ中国! がんばれニッポン!!
e0104998_3133798.jpg
[PR]
# by michi-jenny | 2008-01-29 20:29 | 今天的事情
思いがけずぽっかり時間が空いたので久しぶりに映画を見ました。
見たかった映画の時間が合わず、なんとなく聞いたことのある題名だなと選んだ映画が
この「The Kite Runner」 (中題 : 追風筝的孩子)でした。

e0104998_235099.jpg


原作が国際的ベストセラーであることさえ知らなかった私は
ポスターの絵柄からなんとなく中国に関する作品だと思い込んでいたのですが
いざ始まってみると舞台はアメリカ!
しかもその舞台はいきなりアフガニスタンのカブールに飛ぶのです。

まだ平和だったアフガニスタン、凧揚げ合戦の美しい場面から物語は動き始めます。
固い絆で結ばれていた二人の少年の、最高の日に訪れた悲しい出来事。
それから間も無く始まったソ連のアフガニスタン侵攻により
二人の心は傷ついたまま、決して交わることなく別々の人生を強いられてゆきます。
そして20年後、一本の電話が・・・・。

心が震えました。
こんなに胸を打たれた映画は本当に久しぶりでした。
戦争という悲劇に翻弄された二人の少年の友情を描きながら
人間の醜さ、弱さ、悲しさ、・・・そして愛、信頼、希望までをも表現しています。
誰にでもある心の十字架、それを背負い続ける事は辛いことです。
いつか背中からその荷をおろせたら・・・?
この作品は勇気を持ってその1歩を踏み出そうと教えてくれた気がします。

e0104998_23523560.jpg
子役には実際に戦時下のカブールで育った、
全く演技経験の無かった少年たちが演じています。
澄んだ瞳の奥に垣間見える悲しみは
本当のものだったと思うと胸がつまります。

また、現在これらの少年はこの映画に出演したが故に
母国に居られなくなり非難しているのだそうです。
映画の為に祖国を追われた少年や家族に
幸多かれと祈らずにはいられません。





The Kite Runner」 (邦題: 君のためなら千回でも
  監 督 : マーク・フォースター
  原 作 : カーレド・ホセイニ
  キャスト: ハリド・アブダラ、ホマユーン・エルシャディ、ゼキリア・エブラヒミ、
         アフマド・ハーン・マフムードザダ ほか

日本では2月9日より全国ロードショーだそうです。
心惹かれた方は是非見てくださいね。
私ももう一度見てみたいと思っています。
ダリー語(パシュトー語?)に広東語&英語字幕ではついていけないところが多々あり・・・
字幕を読むのに必死で殆ど映像を見れなかったのが悔しくて(苦笑)
[PR]
# by michi-jenny | 2008-01-26 22:19 | 今天的事情

寒冷黄色予警信号

雨の一日。
前はいつ降ったのか思い出せないほど久しぶりの雨にこの冬3番目に低い温度(8.7℃。)
傘を持つ手がかじかむ寒い一日でした。

ということで今日は寒冷黄色警報が発令されました。
この警報は最低気温10℃以下の場合に発令され、
e0104998_052116.jpg
 1.市民は衣類で暖かくし、気象台の最新情報に注意すること
 2.各組織は防寒準備に努め、臨時避寒場所を開放すること  

  とされています。 

これくらいの温度でそんな大げさな、とお思いになられるかと思いますが
亜熱帯の深センでは家自体が涼しく作られており
また一般的に暖房設備がありませんので結構寒いんです。
家にいるとゾクゾクと底冷えがし、
外に出ると「あら、大したことないわ」なんて感じです。
もちろんエアコンも冷房のみが殆どなので、
皆それぞれ小さなヒーターなどを買い込んで
足元を暖めたりしてしのいでいるようです。

我が家はというと・・・
それがなんと、新しい部屋のリビングはエアコンが暖房機能付きだったので
あまり寒い思いをしないで済んでいます。
暖かいお湯もたっぷり出るし、去年の寒~い冬とは大違いの
快適な冬を過ごさせてもらっています。
大家さんに感謝!!

                 
[PR]
# by michi-jenny | 2008-01-25 23:42 | 今天的事情

懐かしい味を求めて


美味しいバウムクーヘンがあると聞いて、はるばる行って来たぜ、坑口~!
中環からバスで海を渡り緑の丘を越えて約一時間半、
MTR駅そばのスーパー「Taste」入り口にそのお店はありました。

e0104998_2253587.jpg


前面ガラス張りのお店はバウムクーヘンを焼く工程が見られるようになっていて
甘い香りと実演で沢山のお客さんを集めていました。
新聞で見たほどの長い行列ではなかったけれど
お客さんが並んで買っていくのを見るとつい期待が高まり
大きいサイズの方を二つ買ってしまいました。
e0104998_227134.jpg
何故バウムクーヘン?とお思いでしょうか。
発端は夫が日本出張のお土産に買ってきてくれたカステラでした。
海外にいると和食の美味しさ、日本のお菓子の繊細な甘さにいたく感動するものですが、子供の頃から当たり前の存在だったカステラがあんなに美味しいものとは!
となると、同じように親しんだ定番のバウムクーヘンが食べたいなぁと思いはじめ・・・
そんな時、新聞でお店の存在を知ったのでした。

肝心のお味の方はというと
残念ながら日本の専門店の味には及ばないようですが
ふっくらと優しい口どけはなかなかのものでした。
懐かしい味のバウムクーヘン、また買いに出かけてみようと思います。

e0104998_2281668.jpg
◆森の巻
香港九龍坑口東港城2楼 「Taste」 門口
MTR将軍澳線 抗口(Hang Hau)駅 

私はセントラルから692のバスに乗って行きました。
都会から海を渡って郊外へのドライブは
ピクニック気分で楽しめました♪
[PR]
# by michi-jenny | 2008-01-13 01:27 | 美味的東西
中国衛生省が本日の記者会見で、先般、
江蘇省南京市の父子が鳥インフルエンザウイルス
(H5N1型)に感染した問題について
「家庭内での密接な接触によって感染した」と発表、
先に発症後、死亡した息子から父親に感染したことを明らかにした。
やっと公表してくれたかという気もするが、少し安心したとも言える。

実はつい先日、「H5N1」に関する本を読んだばかりで
改めて、いや、初めてその恐ろしさを知り、用心し始めたばかりだった。
中国で人から人への感染が確認されたのは初めてだそうだが、
SARSの記憶が生々しく残る地域だけに 
いざ発生した時を想像すると身震いがする。

全世界でこのウイルスが流行するパンデミックの可能性があるそうだ。
国家規模での対応に期待するばかりでなく
個人レベルでの対策が今すぐ必要だと思う。
ウイルスの力は怖いけれど、それ以上に怖いのは無知でいること。
もっともっと情報が欲しいと切に思う。


听说新型流感肯定流行,这病毒(H5N1)容易变化,一旦出事,可不得了。
如果流行的话,到底拿谁开刀呢?



H5N1型ウイルス襲来―新型インフルエンザから家族を守れ!
(角川SSC新書 12)

岡田 晴恵 / / 角川・エス・エス・コミュニケーションズ




この本ではH5N1型ウイルスの脅威からいかに身を守るか、
その対策がわかりやすく書かれています。
こんな恐ろしい予測が笑い話になってくれる事を願うばかりです。
[PR]
# by michi-jenny | 2008-01-10 23:09 | 今天的事情
e0104998_18143076.jpg

今年初のリハビリ。

そのリハビリでセラピストから話があった。
とても慎重に話してくれた言葉は
全て聞き取れなくてもおおよその意味はわかった。
けれど・・・

通訳さんにも確認してもらった。
私の把握していた内容とほぼ同じだった。
だけれども・・・

「あなたの話してくれた事を全て理解したいので」
とセラピストに書いてもらった手紙。
何度も何度も辞書を引きなおして読んでみた。

でも幾度引いても結果は同じ、

  「これ以上、回復の見込みなし」


わかってはいたけれど、
きっと自分が1番わかっていたんだけれど、
まだその現実を受け入れることができない。
しばらく、できそうにない。

我心魂感冒了。
[PR]
# by michi-jenny | 2008-01-03 21:02 | 医治身体